初めて乗る人に驚き・感動を与える『白いカモメ』・・・JR九州885系

 白いカモメ、885系です。(マイナーチェンジした同系の白いソニックもあります)
画像

 初めてこの列車に乗る人たちに驚きと感動を与えています
 特に九州以外から来た人にとっては驚愕ものだとおもいます。

 
 まず、白くて丸っこい流線型をしたフォルム。・・・・・
鉄道のこと知らない友人なんかに見せると「特急」ではなく「新幹線」という言葉が聞かれます。
現に、孫をトレインウォッチングに連れてきているお年寄りなんか「新幹線ばい」って思いっきり間違ったことを孫に教えている光景を良く目にします。
 きっと、その白くて流線型なフォルムが新幹線0系を連想し勘違いさせるためでしょうか?


INTERCITY KYUSHU KAMOME EXPRESS 885 SINCE 2000
---------------------------------
             INTERCITY KYUSHU KAMOME EXPRESS 885 SINCE 2000

 
 休みだった先日、佐賀へ遊びに行った帰りに「白いカモメ」に乗ったときのことです。
 あるビジネスマン達がこの列車に初めて乗って、「大げさすぎるやろう」と思うぐらい驚き、感動され、列車をネタにしゃべりまくるビジネスマンたちの様子が面白く印象に残りました。


 以後は、そのエピソードを交えて、「白いカモメ」の素晴らしさを紹介したいと思います。


 大阪から来られたと思われるビジネスマン4人も、彼らが乗り込む「白いカモメ」がホームにすべり込んでくるのを一目見て「新幹線やんけ!!」なんて思わず言ってもう一人の方が「ここ在来線おるわけないやん」ってツッコミ入れておられました。
 その他の人も、「格好いい・・・」を連発する始末です。


 さて、かわった電車談義に夢中になっているサラリーマン横目に、こちらは慣れた様子で乗り込みます。・・・・・
 すると、あのビジネスマン達・・・「スゲー!!」、「床が木・・・・」、「書画まで・・・・」と木のフローリングとデッキ部のアートギャラリーに再び驚きの声・・・・
画像


 そして、和紙が挟み込まれている磨り硝子状の客室通路側、白いドアが開き・・・・
いよいよ客室にはいると・・・・
やはり彼らは感嘆の声「革や!!」、「革の椅子や!!」・・・・そんな彼らの一人が自分に「これ、グリーン車ですか?」って尋ねてきました。
「いや、普通車です。この列車全部が革の椅子ですよ」って教えたら・・・・・
これまた、驚きの様子。
画像

 そんな、驚きの彼らですが列車の旅になれているようで慣れた手つきでシートをボックス席にしました
 でも、本当にこの列車に驚いた様子で、発車後も大げさなほどのリアクションでその驚きを話しておられました

 20数分経ったときでしょうか・・・・車内販売がやってきました。

 予想通り、彼らは駅弁とビールを買っておられました。
客室乗務員が弁当を差し出し「中程の肘掛け失礼します」。彼らは「??」と言った様子。
「テーブルお出ししておきます」いいながら、肘掛けの中からイチョウの葉を半分にしたような木製のテーブルを出しました。・・・・・
 またまた「オー!!」 「木ですね!!」 って言いながら弁当そっちのけで木製のテーブルを撫で撫で・・・・・
 さらに、この列車の素晴らしさに驚いた様子でした。


 いつも忙しく走り回っているビジネスマン。鉄道なんて趣味な人以外はただ移動の手段でしかありません。
 そんな、移動の手段の一つでしかない鉄道ですが・・・

 出張先の九州で移動のため、たまたま乗った電車に驚き、感動し・・・・
それが、話のネタになるなんて彼らも思いもしなかったこと・・・・ だと思います。


 鉄道の旅に感動を与えてくれるJRは我が地元のJR九州ならではだと思います。



 
 その他に・・・・・885系ですが・・・
 大型の窓にブーメランベンチがあるコモンスペースなど魅力的な所がまだまだあります。
 さらに、この列車で一番豪華な椅子は・・・・・・
勿論!グリーン車!・・・って言いたいんですけど実は違います。 
 他にもJR九州ならではの細かい演出がこの列車にはあります。

 機会があれば、追って紹介します。  ・・・・・ お楽しみに!!

この記事へのコメント

2006年03月21日 01:22
丸いですねぇ。ホント新幹線っぽいですね。
アートギャラリーまであるなんて、もう電車じゃないw
普通車まで全部革張りの椅子なんて、超贅沢仕様ですね。
ますます九州列車旅行に行きたくなりましたよ!!
2006年03月21日 17:41
よく見かけます。
由布院の森号と同じくらい好きな車体のデザインです!
中も凄いんですね・・革張り何ですね、ゴージャス!
2006年03月21日 21:36
あ、有り得ない豪華さですやんッ!!
驚き&興奮の余り、普段使わない言葉遣いまで出てきちゃいましたよぅ(笑)。
ホント、列車旅行してみたいと思わされますヨ!
JR九州はスゴ過ぎるッ!!
2006年03月23日 09:47
どーるますたーサン
どーですか、885系の素晴らしさ。
見かけは洋風(ICE)ですけど中身は思いっきり和風です。
九州はこのような手の込んだ特急がいっぱい走っています。機会があれば九州に遊びに来てください。東京からだとお手頃なフリー切符たくさんあります。
2006年03月23日 09:53
月桂樹さん
「ゆふいんの森」良い列車ですね。一度は乗ってみたい列車ですけど・・・。
885系は、一般の人たちにも受けているようで、わざわざこの列車に乗るため列車を一本見送るという光景を見ることがあります。
他のJRにはないゴージャスな気分を味あわせてくるれるJR九州有難いです。
2006年03月23日 10:01
ひいサン
885系、あり得ない豪華さでしょう。
初めてこの列車に乗ったとき、本当に「目から鱗が落ちる」状態でした。
驚きの余り放心状態のまま席に着きました。
「鉄道ってその気になればここまで豪華になるもの」かって感動してしまいました。
実は、幼い頃鉄道が好きでした。でも高校や専門学校時代は他のことに興味があり「鉄道」忘れがちでした。
でもあるきっかけで、ミョーに豪華な885系に乗ったばかりに「鉄道好き」を再燃させてしまいました。
Buchi
2006年03月25日 12:48
五月下旬に福岡、福津市在の友人を
訪問予定ですがこれ、乗れますか?

Buchi
2006年03月25日 12:51
質問の仕方がまずかった・・
どこの線を走ってるんでしょうか?
2006年03月25日 15:17
Buchiさん
885系ですけど、博多~大分(白いソニック)と博多~長崎(白いカモメ)で走っています。
時刻表にも分かりやすく『白い○○で運転』と表現してあるので分かりやすいと思います。
Buchi
2006年03月26日 08:35
情報ありがとうございます。
時刻表がないものですから・・。
どうやら短い旅程では
今回、無理みたい・・・。
確か福津は博多から鈍行で数駅だった記憶。
JRパスで行くんですけどね。
でも乗らなくても見るだけでも
何とか友人に問い合わせてみます。
2006年04月13日 00:15
子供がプラレールで「白いかもめ」を持っているんですけど、こんなに豪華な列車だとは知りませんでした。私も小学生から高校くらいまで鉄道写真をやっていました。「気まま」さんの鉄道関係の記事を読むと血が騒ぎますねぇ。
EF58や583系の彗星、明星が懐かしい。ブルートレイン「あさかぜ」や「出雲」もなくなりましたねぇ。残念。
2006年04月13日 10:07
GAKUさん、ようこそ!
885系ですけど、自分にとってひとしおの思いがあります。
実は、社会に出て一度は鉄道を忘れていました。

でも、ある日フッと乗った特急がこの885系でした。
初めて乗った超豪華885系・・・・
列車らしからぬデッキ、革製の普通自由席、今までの鉄道という概念を打ち壊したデザインや、その豪華さを引き立てるかのように終点の博多に近づくと流れてくるBGM(浪漫鉄道:JR九州社歌)
驚き!? 驚愕!? ・・・
もはや自分の感動を表す言葉か見つかりませんでした・・・・
そして、この車両をきっかけに鉄道好きを再燃させてしまいました。
今度の連休にはこれに乗って長崎を旅したいと思います。

それから、ブルートレインですね・・・・
消えていくのが残念ですね。
幼いとき、青い客車を引く力強いデザインのEF66が好きでした。

この記事へのトラックバック