AED知ってますか?・・・AEDの使い方編

 自分のブログをご覧頂いている方にはもうお馴染みとなりましたねぇ。

     これ
      ↓
画像


  AEDです。


 これ、初めてご覧の方はこちら(AEDって何)をご覧下さい。



 今回はAEDの扱い方を説明します。


 って・・・・ 

 実は・・・・ 自分の言葉を使って自分の表現でこのAEDの使い方を説明したかったのですが、活字と限られたイラストや画像では分かり辛いし、実際に救助者がどう操作しているの、AEDの動作状況を知っていただきたいので、今回はAEDを扱っている業者(日本光電さん)のHPへリンクさせてもらいAEDの操作法を動画で紹介したいと思います。


       リンクするにはこちら
                ↓↓      
               AEDの使い方



※ AEDには、現在様々なタイプのものが発売・リースされています。
メーカーにより多少、デザインが異なったり準備方法が異なったりしますが、電極を貼り付けてかのら操作は、どのメーカのAEDも国際的に統一されています。

この記事へのコメント

2006年07月09日 14:56
気ままさん
AEDが使用出来ない人の場合(たぶんAEDが自己診断して作動しないであろうと思いますが)は、今までの心肺蘇生法に頼るしかないのでしょうね。

AEDをセットしたけれどAEDが判断して作動しない場合は音声案内で知らせるでしょうが、その場合AEDをセットした人や周りに居合わせた人が心肺蘇生法を知らない場合は 言葉が悪いですが「見殺し状態」になる可能性がありますね。

やはり学校や色々な所で講習会を開いて「心肺蘇生法」の基礎を大勢の人が日常的に行動できることが必要ですね。
無知が一番いけない。
2006年07月09日 17:47
気ままさん、こんにちは!
とても勉強になりました。
心肺蘇生と、アンビュは何度か経験してますが、AED、その場になるとパニくってしまうかもしれませんが、冷静に対処できるよう、頭に入れておきたいと思いました。
良かったです、ありがとう!
2006年07月09日 18:01
ひこうちゅうねんサンがご指摘されることはごもっともだと思います。
やはり、国民全員が「心肺蘇生法」を義務教育卒業までに身につけさせるのがベストだと思います。(現に、小中学校では保健体育の授業で救急救命士など専門の講師を招いて心肺蘇生法の講習を受けさせる学校もあるようです)

また、現在119番はケータイから電話されることが多く現場から直接通報される場合がるため、この場合には消防署のオペレーターや駆けつけている救急隊から心臓マッサージなどの応急手当の指導が行われているそうです。

これから、AEDと同時に心肺蘇生法も一般の人たちの間に当たり前の知識・技術として身につけられることを願うばかりです。
2006年07月10日 01:25
確かに義務教育中に皆に教えるというのは良い方法ですよね。私は数年前に一般救急の講習を受けたことがありますが、残念ながらAEDの使い方の講習はありませんでした。
2006年07月10日 13:05
意外と操作自体は、解り易そうでちょっち安心デス。
いざって時に、あれやこれやボタンが有ったり、解り難いともうそれだけでお終いですもんネ。
一般側からすると、音声で指示して貰えるという事が、何より心強く感じマス。
2006年07月11日 11:00
月桂樹さん
お役に立てて何よりです。
単にCPRするよりもAEDがあれば救命の可能性が高くなると思いませんか。
今以上に施設などでも普及が進んでいくといいですね。
2006年07月11日 11:19
ひろぴょんサン
AEDが一般市民に解禁されたのは2003年9月でした。それから約3年が経とうとしていますがAEDの一般市民への認知度はまだまだ低くいのが現状です。
周りの大切な人が倒れ命の危機がせまったとき、その尊い命を救うために少しでも知識を持っていただければと思い今回はAEDを取り上げていました。
今後もとっさにできる応急手当を紹介していこうと思ってますのでよかったらこちらもご覧下さい。
2006年07月11日 11:28
ひいサン
AEDは混乱した現場でも、分かりやすく簡単な操作ができるようにボタンが大きくしてあったり、点滅して知らせるようになっています。
はやり音声で分かりやすいガイダンスが入っていることは心強いことなんですね。

因みに、気軽に利用できるコンビニはADEを設置するには抜群の条件だと思います。現に、自分の近所にある○ァ○リー○ートではAED置いてあるし、普通救命講習を受けた店員さんがいるようです。
2006年07月16日 16:37
いろいろな種類があるんですね

この記事へのトラックバック