職業体験・・・・

 最近の高校では生との進路を明確にさせるためにも「職業体験」なる授業を総合学習とかで取り入れているんですね。

 自分の施設でも、近くの普通高校から「老人ホームで働きたい」、「お年寄りのいる施設で看護師として働きたい」という2名の女子生徒がいるので”職業体験”をさせて欲しいと要請があり受け入れることとなりました。


 初めて高校生を実習生として迎え入れるわけですが・・・・

 その実習生には、初めて接する認知症の方や体に障害を持った方を見て、接してどう感じるのでしょうか?

 また、そこに働いている職員の姿(特に、自分たちのような男性看護師)、彼女らはどうとらえるのでしょうか・・・・

 なんか、気になってしまいます。

 

この記事へのコメント

2006年11月29日 10:19
気ままさん、おはようございます。
今の時期うちの施設にも毎年来ています。
「体験実習」だからできる事は少ないのですが、何かを掴んでいって欲しいと思うのですが、やはり色んな子がいますね・・・
先日着てた子はずっと、お友達とお喋りばかりしてて何も見ていなかったので、私言ってしまいました。
此処での貴重な時間を無駄にしないで、何でも良いから何か掴んで行かなきゃ!
何しに来てるか分らないんじゃない?と言ってしまいました。
2006年11月29日 11:17
最近の学校では職業体験というもをやっているんですね。
今後必要な職業なだけにどんどん参考にしてもらえるといいですね。

月桂樹さん
体験実習が義務化されるという背景がそのような子供たちをうんでしまったんですかね。
2006年11月29日 21:19
こんばんは。
先日はご訪問いただきありがとうございました!

職業体験、「お年寄りのいる施設で働きたい」という希望のある子達なら、真摯な態度なのでは…と
思いましたが、月桂樹さんのお話ではいちがいに
そうともいえないようですね(^_^;)
私は歯科衛生士なんですが(やめて8年たちます)
学生の時、障害者の施設にも実習で行きました。
その時の経験は短いものでしたが、とても貴重な
経験だったと思っています。
実習最後の日、一人の看護師さんが施設で働く事、
障害者の方々について、色々話してくださった事は
今もよく思い出します。
2006年11月30日 08:09
ほぅ、そんな授業の一環が行なわれているのですねぇ。
ひいの頃にも有ったら良かったのになぁ…ボソッ。
でも、takaサンの仰る通りなのカモですねぇ。
あくまで授業として何かを選ばなくてはならず…なのだとしたら、やはりそういうコも出てくる筈。
こういう体験は貴重なのだケレド、それが本当に通じるかどうかは、人ぞれぞれですもんネ。
その二人の女子生徒サンに、気ままサンも直接教えたりするのですか?
個人的に思うには、しっかり教え込むのではなく、雰囲気を掴ませてあげられる様、そっと迎え入れてあげて欲しいなぁと思いマス。
2006年11月30日 08:44
月桂樹さん、おはようございます。_(._.)_
実は、自分もそれを心配しています。
ただ、適当に授業時間を過ごす生徒もいるのではないかと・・・・。(そのような生徒はほんの一部にいるかいないかだと思いますけど)

指導係になったときには、彼女らが介護・看護の事に関して教科書にはない何かをつかんでもらおうと指導しようと思います。

2006年11月30日 08:53
takaさん
あらゆる意味でものが溢れかえっている現代・・・
幼い頃から何不自由なく育ってきた現代っ子にとってそう言う環境がかえって「自分がしたい」という関心や思いを薄れさせているのでしょうか (?_?)

でも、学生のうちに社会の水を味あわせるのはいい経験になると思います。
自分たちの頃もそういう授業があったなら・・・違う仕事に就いていたかも知れません。
2006年11月30日 09:03
朧月さん
自分のブログにもお越し頂いて有難うございます。
<(_ _)>
今度の職業体験では、学生さんとの反省会というよりは座談会みたいな時間もとられているようなので機会があれば、学生さんが関心を持っていることを中心に施設のことや自分たちが普段どういう思いで仕事しているのかを伝えて行ければ・・・と思います。
2006年11月30日 09:10
ひいサン
そうなんですよねぇ、「アレも伝えたい・・・」、「コレも伝えたい・・・」とあれこれ詰め込んでも・・・いけませんね。
まずは、彼女らが関心を持っているところから始めて、入所者の方としゃべって触れ合ってもらって、ついでに自分たちの働いている姿を見てもらった上で何かを感じてもらったらいいなぁと思います。
2006年12月03日 00:28
職業体験学習ですか、いいことですね。
マジメに看護士を目指している子達なら、何かをつかんでいってくれると思いますよ。
機会があれば彼女達にどういう気持ちで看護士を目指したか、仕事をしている今はどういう気持ちなのかを伝えてあげられるとよいのでしょうねぇ。
2006年12月03日 08:52
どーるますたーサン
職業体験の最終日、反省会にでる機会があれば看護師になるまでの過程を伝えたいと思います。
因みに、自分が看護師になろうと思ったのは・・・
救急救命士になりたかったから。
現在では、救命士の医療行為が拡大しその専門性が高まったので看護師の資格を持っていても、新たに学校を卒業しなければなりませんが、その当時は看護師であれば、一定の経験を積めば書類審査で救命士の受験資格を得ることが出来たので・・・

この記事へのトラックバック