こんなモノまで売っていました・・・・

 医療に関わる仕事柄、『AED』がどれくらい世間に広まっているかチョイと気になったんでインターネットで調べていたら・・・・

 なんと!  AED  あのビックカメラ販売しているんですね!!

 現在は、東京にある一部の店舗だけのようで、販売されるAEDは2種類で販売価格42万8000~38万8000円だそうです。


 AEDって何? って思われる方もいらっしゃるかと思いますけど・・・・

 AEDとは日本語で”自動体外式除細動器”と呼ばれます。

 一言で言っちゃえば、心臓発作を起こしている人に対して電気ショックを与え正常な心臓の動きを取り戻そうとする器械です。


 詳しいことは、こちらをクリック してみてください。
 (AEDについて、ちょっと詳しいこと書いています)
 

 AEDはこれまで、大きな駅や商業施設、競技場など人が多く集まる公の場所に設置され、その多くは警備会社などからのレンタルが大半を占めていました。

 しかし、このビックカメラで販売されているAEDは一般向けに売られているようですけど、40万前後という価格がねぇ・・・ちょっと引っ掛かりますけど・・・

 ま、一般の家電と同じように多くの人の目がかかる店頭に置かれることで、これまで一般の人に認知度が低かったAEDをアピールするという点では一役買っていると思いますが・・・。

 40万前後という値段がねぇ・・・・・ 本体も小型化されているとはいえ、電話帳ぐらいの大きさはあるようだし、一般向きじゃないかなぁ・・・なんて思ってしまいます。
(因みに団体向きには警備会社からのレンタルやリースがメンテ付きで手頃な値段であるようだし・・・ )

 アメリカでは、VHSビデオテープぐらいに超小型・簡素化した低価格(10~20万円)の一般家庭用AEDが売られるようだし、どうせ売り込むならこちらのAEDのほうが現実的だと思うんですけど・・・・・。

 
 何はともあれ・・・・ 一般企業がAED普及のため貢献してくれるというのは、自分たち医療従事者にとっても心強いことでもあり、これを期に多くの人たちがAEDを使えるようになれば・・・と思います。

この記事へのコメント

2007年05月28日 01:14
これって、空港とかに設置されていますよね。
でも、実際には使用方法が解らすに、宝の~に成っているようなことを聞いた事が有ります。そこまで解っているなら、使用方法を学べば良いことですが、そのままというのが現状です。日常に使用するものでは無いので、一、二度学んでも頭に入りそうにもないような・・。と、いい訳をして終ってしまったり、が、現実です。
大事なことなのでしょうけど。
2007年05月28日 19:08
AED、よく東京駅といった主要の駅に設置されておりますね。東海道新幹線のホームにもございました。実際、値段がここまでするものだとは思っておりませんでした。何気なく置いておるものですが置くには費用も凄まじいものなのですね。
2007年05月28日 19:39
前に見たTV番組で、事故現場に偶々AEDのセールスマンが居合わせた為に、被害者の命を取りとめる事が出来たと、そういう事実が外国では在ったそうデス。
薬局にAEDの使用方法が書かれた冊子を無料配布していたので、貰って来たひいですが、やはりいざとなると、冷静に使いこなせるかどうか、やや怪しい所デス(汗)。
のんサンが書かれている様に、やはり一般の人間となると、例えAEDが置かれていたとしても、立ち止まって見るのが半数、使いこなせるのは更に減るんだろうなぁと思いマス。
そもそも、置かれている店だったり、駅だったりで働いている人は、皆使用方法を学んでいたりするのでしょうか?
その辺りも、一部の人だけな気がするし、取り扱う(設置する)側の体制がきちんとされていない様な気がして、同じく宝の~…だと感じてしまうこの頃デス。
2007年05月28日 22:09
AEDを使う場合、心臓を含む臓器が左右逆の人の場合は正常に働かない所かその人を助けることは出来ないのでしょうね(もちろん、正常でないことを知らない場合)。
2007年05月29日 21:24
のんサン
そうなんです・・・AEDが普及しているのはいいですが、イザ使う側の認知度が低く「宝の~」になっているのが実状です。
日本では倒れた人に対しての「うごかすな!!」神話が今でもまかり通っていて一般の人の手で応急手当が行われないのがとても残念です・・・・。
2007年05月29日 21:31
オーミヤさん
そうですね・・・AEDは高価な器械です。しかし、現在では多くの警備会社から月5000~10000円ほどでレンタルまたはリースがあるようです。
このAEDは未使用の状態で5年間はメンテナンスフリーで保存でき、電気ショックは500回以上打てるバッテリー容量があります。
現在は鉄道の施設では大きな駅しか設置されていませんがこれからは新幹線、特急列車など長距離を走る列車にも積み込まれるかもしれませんね。
2007年05月29日 21:45
ひいサン
その番組見ました。「ア○ビ○×○ー」とかいう番組でしたね。凄い奇跡的なこともあるモンだ!と思いながら見ていました。
AEDが設置されてる施設では原則的にAEDの使い方を含め普通救命講習を受講しているスタッフがいます。
また、定期的に繰り返し普通救命講習を受講させる施設もあるようなので、万が一の場合でも冷静に(?)対応できるのではないかと思います。
今の日本でAEDを普及させるには、こういう公の施設に勤める人達から広める方が賢明なんでしょうね。
2007年05月29日 21:52
ひこうちゅうねんサン
内臓逆位の場合どうなるのでしょうねぇ?
心電図の解析が正常に行われず、電気ショックが必要なのに打てなくなるのでしょうか?或いは電極を反対に貼るようなメッセージがあるのでしょうか?
内臓逆位の場合・・・考えもしませんでした・・・。
因みに内臓逆位は1/5000人の確率でいるそうですけど・・・。
2007年05月29日 23:24
AEDが量販店で販売されているとは…、近所の耳鼻科の個人医院にも設置されていました。緊急時に備えてという事で設置する施設や大型店舗が増えていますねぇ。
 それと同時に社会的に企業イメージなどのアップにも一役かっている様な部分も感じられます。
2007年05月30日 00:43
今年、臓器の逆配置の方が一人入院されたことがありました。
話には聞いていましたが、別に左利きではないのですが(爆)
一度レントゲン写真を見ておくべきでした、残念。
2007年05月30日 22:19
GAKUさん
耳鼻科などの個人院にも設置されているのですか・・・そういえば、最近通っていた歯科医院にも置いてありました。あと、個人タクシーに積んであるのには本当に驚きました。(このAED買い取りだったんでしょうか、それもとレンタル?チョと気になりましたけど・・・)
これからは企業のイメージアップのため、AEDが設置できるような自動販売機ができたりするかもしれませんね。
2007年05月30日 22:23
ひこうちゅうねんサン
内臓逆位の患者さん、利き手まで反対じゃなかったんですね。
それと、脳はどうなっていたのでしょうか、やはり右脳と左脳が逆位に??? ・・・何となく気になってしまいました。
2007年05月31日 00:09
内臓逆の人で、アッペの手術の時に、逆内臓と知っていながら間違って右開腹されて、その後に左開腹されたという人を知っていますが、右利きでした。
2007年05月31日 21:12
のんサン
内臓逆位の人ってそんな身近にいらっしゃったんですね。
その方も右利きだったのですか、やはり利き手は内臓逆位とは関係ないみていですね。
でも、内臓が反対だというのが分かっていて反対を切られるとは・・・・・・・・・
2007年06月02日 08:57
 おはようございます。 ナースマンでしたか・・。10年勤め上げたのは立派です。 私はナース(総合→耳鼻科)~ヘルパー~ディ~介護予防事業とやりました。深く考えて転職してきたわけではありませんが、良い意味でも悪い意味でも経験に無駄はないな・・。と20年勤めてきて思います。 頑張ってください。
 AEDについて記載ありましたね。私は日赤にて講習受けましたが、やり方は全て音声が教えてくれます、心電図上問題がなければ作動しませんし安全です。日本で許可されたのはある宮様が、テニス中発作を起こし亡くなられた事をきっかけに導入許可がおりたんです。
今では空港・役所等で見られるようになりました。イオンでも設置されていますね。 SOTEC(警備会社)のサービスでレンタルもあるので、個人病院にもありますよね。 なにより命を救いたい気持ちが大事ですよね。
 内臓逆位の方では心電図が変わるので、エラーがでるはず・・・。メーカーではないので不確かですが・・・
 まずは、お返事まで。(勤務中なのだ)
2007年06月02日 21:55
さぼてんママさん、ようこそ!
AED日本で最初に手にした職種が救急救命士だったと思います。
つい数年前まで救命士がAEDの放電ボタンを押すのにも電話や無線などで医師の指示が必要でした。(そのため除細動が間に合わなかったという事例も多く発生して問題にもなっていましたけど・・・)
皮肉にもある宮様が亡くなられたのをきっかけに医師の指示なしにAEDのショックボタンを押せるようになったり、市民にAEDの仕様が認められるようになりましたけど・・・発足当時から救命士に独自の判断で放電ボタンを押すことができたらもっと多くの命が救えたのではないかと思います。
あと、日本ではまだまだAEDに対しての認知度が低く宝の~となっている現実、とても恐くて出来ないという躊躇する風潮が強く思ったより使われていないの残念です。・・・もっとも、小学校や中学校など義務教育の段階で応急手当を学習させAEDの扱いに慣れさせるというのが有効なのではないかと思いますけど。

内臓逆位のケースでは、AEDどのような反応をするのでしょうね。こんど講習会など受ける機会があれば質問してみたいと思います。

この記事へのトラックバック