まさか・・・これって・・・お化け??

 先日の夜勤での出来事です。


 その日の夜勤は、珍しく認知症がある入所者の方も落ち着いていて、恐いほど静かで平和な夜でした。

 自分の施設では、夜勤帯になるとスタッフは2人体制になり22~5時の間に交代で仮眠をとることになります。(その間、入所者さんの対応を1人ですることになります)

 普段は、仮眠の時間になっても徘徊される認知症の方の対応やナースコール対応、記録など、仕事が山積みなので仮眠が取れるのはせいぜい1~2時間がよいところ、日によっては仮眠が全く取れないことだってあります。

 しかし、この日は22時には仕事も一段落し、「たまには時間通りに仮眠をとるかぁ・・・・」と交代で2時間30分ずつ仮眠をとることにしました。


 そして・・・・ 相方のIさんが仮眠に入り、自分一人で詰め所で待機しているときです・・・・

 突然、「ル・ル・ルルー」、「ル・ル・ルルー」、詰め所の電話が鳴りました・・・・・・

 電話をとると・・・ 『○△警備です・・・今、おたくの施設1階エレベータ付近でセンサーが反応しました・・・・』との内容でした。


 自分の施設では、1Fに食堂、リハビリ室や管理棟が置かれているため夜間になると警備をかけることになります。
この警備は、赤外線に反応するセンサーが天井に設置されていて人の体温を感じるとセンサーが感知して、契約先の警備会社に侵入者が居ることを知らせます。
しかし、自分の施設では認知症がある入所者の方が知らず知らずのうちに階段で1Fへ降りてセンサーが反応するという事が多いため、センサーが反応すると警備会社から電話がありスタッフが反応した場所に確認する事になっていました


 この日も、警備会社から電話を受け・・・「また、Sさんか・・・」と思いながらSさんの部屋に行くと常習犯のSさんはスヤスヤとお休み中です。その他にも思い当たる方のお部屋を覗いてみますが・・・・・皆さん全員ご自分のベットで眠っていらっしゃいました・・・・・ 
  

 ゾ・・・・・・・・ッ ・・・・・・・   背中にサーッと寒気を感じました・・・

 一瞬、仮眠をとっているIさんを起こそうかとも思いましたが・・・・ 勤続10年ベテランとしてのプライドが許しません・・・・・・

 意を決して、懐中電灯を手に・・・・ 1Fエレベーターへ行くことにしました・・・・

 
 エレベーターに乗り1階のボタンを押します・・・・・ (もう、ビクビクです・・・・

 ♪おばけなんていないさ~    お化けなんて嘘さ~ ♪

 思わず口ずさんでしまいました・・・・・・

 しばらくして真っ暗な1Fに到着・・・・ スーッツとドアが開くと・・・・・ 

 恐ろしく静まりかえった・・・・ 暗いホール・・・・・

 ビビリながらも、暗いホールを懐中電灯で照らしながらトイレや倉庫など誰か居ないか探してみましたが・・・・誰もいません・・・・・・。

 もう一度、1Fの廊下やホール・食堂など各セクションの照明を付け再確認してみますが・・・はやり誰もいません・・・・・・。

 少しだけホッとして・・・・ 照明を消すと詰め所へと戻ることにしました。

 詰め所へ戻ると、警備会社へ電話し異常(入所者も含め侵入者が居なかったこと)がなかったことを伝えると・・・・「そうですか、何だったんでしょうねぇ・・・」、「こちらでもう一度確認していますが、今は異常なしですねぇ・・・・・」と警備会社の人・・・・・

 
 人が居るはずのない所で、警備のセンサーが体温を感知した・・・・一体どういう事なんでしょうか????

 センサーの誤作動でしょうか・・・

 もしかして・・・・・    怪奇現象??  

 今、思い出すとゾーっとします・・・・・・・。

この記事へのコメント

2007年07月09日 23:53
よくある話です。
 私の病院でも、たまたま空室の病室のナースコールが鳴り詰め所のリセットボタンを押しても その部屋の外のボタンを押しても鳴りやまず・・・
 ナースコールの本体の電源を一度切ってリセットしたことがありました。
 その時の夜勤のメンバーで何にも感じない私が(私だけが無信心者な者なので)もちろん見に行きましたが。
 同僚のヘルパーさんや看護師さん達は、震えて詰め所から出てきません、こんな職業していたら いつ どんなこと(人魂が飛んでも)があってもびくついていちゃいかんぞな。
 職場は竹藪の中にありますので、今までに蜘蛛(普通の蜘蛛は始終、足の長~い蜘蛛も時々)・スズメバチ・カミキリムシ・バッタ・アシナガバチ・ゴキブリ・極めつきはムカデ など色々入院希望されて来院します。
 ほとんどは、だまってお帰りいただくように心がけています(ダメなものもありますが)。 
2007年07月10日 02:15
こんばんは。幽霊好きのみいが、やってまいりました♪でも、本とは、人一倍の怖がり屋さんで~す^^;お風呂に入ってから気ままさんの記事を読めばよかったかな?(笑)背筋がぞぞ~としてきました。こういう話ってよく聞きますが、やはり科学では表明できないものって世の中にはアリなんですね^^;
おーどりー
2007年07月10日 07:58
よくある事です。
そういう時に限って、皆さん良眠されていて静かな夜なんですよね。エレベーターは、誰もいないのに勝手に開くは、定時排泄介助で声かけしていないのに「さっき、起こしてくれたが~」・という事が度々、施設で犬を飼っていましたが、誰もいないのに、興奮してほえた事も、エレベーターにむかって吠えた事もあったな~。私は、塩持参で夜勤しました。その施設は、裏がお墓、隣は、いわくのある池と環境がね~
2007年07月10日 10:56
私も頻繁にあります。 そういう体質なので。
あんまり悪質なのは、邪魔だ、帰れ!と唱える事。
怖い方は、私は貴方のお役に立てません。立ち去ってください。と心で唱えてください。波長が合うと見えたりしちゃいますので・・・
私は見えない・・・と暗示をかけて夜勤に望むと良いですよ

私は夜勤で亡くなられた方に朝方遭遇し、お礼を言われました。 私といたせいか普段見ない方まで見たり・・・ご迷惑をかけてましたね(笑)
2007年07月10日 18:25
不可思議ですね、通常ではありえないことが起こるというのは・・・。機械による監視などが普及しておらなかったころはどうということもなかったでしょうけれども、機械監視が普及した今から見ますと怖いものですね。
2007年07月10日 18:33
こんばんわ。
 気ままさんは、見えない人ですか?私は、時と場合によっては、見えるときもあります。見えなくても感じる事もあります。さぼてんママさんの書いておられるようにされるといいと思います。
2007年07月11日 21:20
ひこうちゅうねんサン
竹藪の中に勤めている病院があるのですか・・・
すっごく、(幽霊さん達にとって)良い雰囲気じゃないですか?・・・(^^ゞ
それに、色んな虫さん達も入院を希望されいらっしゃっているようですが・・・・
自分の施設も、山手にあるので蜈蚣、ゲジゲジ、蛇など沢山施設見学にいらっしゃいますよ~ ^^;
ま、いらっしゃったときの対応が大変ですけどなるべくお引き取り願うよう丁重に対応してます。(^^;)
2007年07月11日 21:28
みいサン
自分も背筋がゾーッとしながら書きました・・・・。
何もこんな記事を、深夜になって書かなくてもよかったのですが・・・・余りにも不可解な出来事だったんで思わず夜中にアップしてしまいました。^^;
みいサンの仰るとおり、人間が科学的に解明したことはほんの一握りまだまだ解明していないことの方が多いですよね・・・・
この他にも自分の施設では怪奇現象と思われる事が沢山ありますので、後日アップしますね。
2007年07月11日 21:37
おーどりーサン
そうです。こういう怪奇現象がある日って利用者の方が不思議と落ち着いている場合が多いようですね。
自分は霊感が無いに等しいので何も感じませんが、霊感が強い人によると、はやり静かなときに怪奇現象が起こりやすいと言っていました。また、認知症になると霊が見えやすくなると言う同僚もいますけど・・・
本当でしょうか?
病院や施設の周りにお墓やため池などあるところは本当に恐いですねぇ ^^;
2007年07月11日 21:45
さぼてんママさん
自分には霊感ないというか・・・鈍感なんでしょうか?自分の施設で居るよって言われる場所にいっても何も感じないんです。(自分でそう思いこんでいるから余計に見えないものなんでしょうか?)
もし、見えないはずの方達が見えたときには、さぼてんママさんのアドバイス通りにやりたいと思います。
(人の死に直面することが多い職種なので一度は見てしまうことがあると思いますので・・・)

ところで、夜勤帯に亡くなられた方が朝、挨拶に見えられたのですか・・・・・・凄いですね。
周りにいる人たちは、恐いとか思われませんでした?
2007年07月11日 21:51
オーミヤさん
そうなんですよね・・・・警備センサーがなかったらいつもよりかなり静かな夜勤だったんですけど・・・
自分の先輩ナースの中には、集中治療室に設置されいる重傷者監視用カメラを通して(自分の肉眼じゃ見えないそうです)魂が抜けるところや抜けそうな状態が見えるそうです。
それは、それで恐いですね~
2007年07月11日 21:58
のんサン
自分は、全くと言っていいほど霊感ありません。
でも、祖父が亡くなった時、”虫の知らせ”的な事がありました。
その当時、仕事していると「急に祖父に会わないと!!」と祖父に会いたい衝動にかられました。
結局、仕事の途中で行くことが出来なかったのですが・・・翌日の早朝、祖父は無言の帰宅をしました。
さぼてんママ
2007年07月11日 22:03
こんばんは
携帯で書くことを覚えたらこんな時間に…
一時辺りから私はヤバイです
書き込みした体験は施設職員と私だけ最初見え、後に来た職員も声は聞いてました。良い霊は怖くありません。二晩ショート予定が残念な結果になった翌朝の現象です。お礼を言われた体験はこの一件だけです
2007年07月11日 22:58
ひえぇぇ~!やっぱり、病院って、こういうこと、よくあるんですか?私は多分、見えない人で、おまけに、どこででも爆睡できる性質なので、入院していてもそんなメに遭ったことはありません。
そういえば、妹が入院中に怖いことがあったらしいです・・・。う~ん。
2007年07月11日 23:03
だーむーさん、私も入院中、霊を見た事があります。(が、怖いものではありませんでした。)
霊は、何処にでもいますよ。特に人の多いところにはいます。悪いものばかりでは有りませんから、そんなに恐れなくてもいいと思います。
(塩や、お数珠を持ち歩くといいですよ。)
2007年07月13日 08:30
だーむーサン
そうですねぇ・・・自分の施設でもヒトの死に立ち会うこともあるのでやはり集まってくるのでしょうか?
ま、自分も全然見えないんで機械の誤作動的な現象を何度か経験しただけなんですけど・・・・
イザ見えてしまうと、思い切りテンパりそうです^^;
2007年07月13日 08:34
のんサン
自分の施設には、念珠や粗塩を持参されている入所者が若干名いらっしゃいますけど、そういう意味合いがあったんですね。
月桂樹
2007年07月13日 11:27
気ままさん、こんにちは♪
施設などは以外に墓地のあとだったりするのですが、私も時々見えたりします。
でも怖いと言う感覚はないんですよね。
うちの施設では霊安室から、深夜に電話のベルが鳴り響く時があります。
そこだけが、黒いダイヤル式の電話機みんな不気味がっています。
いま霊安室には家族の迎えを待っているお骨が一体・・淋しそう
2007年07月13日 21:28
月桂樹さん
そうでした・・・特養には病院と同じように霊安室が設置されていましたね。
そこから、深夜に電話のベルですか・・・・(>_<)
自分のこの(本文の体験)より、リアル&恐怖体験じゃないですか!! (>_<)
しかも、今家族のお迎えを待っている方がいらっしゃるのですね・・・・その霊安室から詰め所に電話があったら・・・・・
でも、特養に勤める知人とかのはなしでお骨になった状態で家族のお迎えを待つ方がいらっしゃると聞いていたのですが、どこの施設でもあり得ることだったんですね・・・。
2007年07月13日 21:39
さぼてんママさん
コメント返事が前後してすみません。m(_ _)m
やはり、良い霊は恐くないんですね。
お亡くなりになってからお礼にこられるとは、本当にスタッフの皆さんに感謝されていたのですね。
2007年07月15日 14:14
のんさんはお見えになる方なのですね。
幸か不幸か、私は感じない方なので、あんまり気にすることはないです。話を聞いても、へ~、そんなことがあるんだ~程度です。

この記事へのトラックバック