世間を騒がせたあのお薬です・・・

 寒さが厳しい今日この頃、先週末には自分の住んでいる九州北部にも滅多に積もらない雪が積もりました。

 寒さが厳しくなるこの季節、流行る感染症がインフルエンザですね。 

 一見風邪のような症状ですが、全身の倦怠感や関節痛、体温計を見ると思わず気絶するくらいの高熱が出たりと、強烈な症状を呈する感染症です。

 そんな、インフルエンザの発症初期(48時間以内)に非常に有効だと使われ始めた薬が、タミフルという抗ウイルス薬です。
 
 近年、来るべき新型インフルエンザにも有効だと考えられ国家レベルで備蓄されているのもこれだったりします。


 さて、タミフル今や一般の人でも知らない人はいないくらい有名なお薬ですね。
画像

 数年前には、副作用として異常行動を引き起こしているのでは!?と世間を非常に騒がせましたね。
国が調査したところ結局、タミフルと異常行動の明確な因果関係が解らないまま(現在も調査中のようですが)10代や乳児には処方しないようになりました。
しかし、インフルエンザの特効薬としては変わらないものとして今でもインフルエンザの季節になると多くの医療機関でタミフルが処方されています。


 自分の勤めている介護老人保健施設でも、入所されている方やスタッフがインフルエンザと診断されるとこの薬が処方されます。
 また、インフルエンザ抗体検査(簡易版)でインフルエンザが陽性で無くても38.0近くの熱発があれば潜在的な感染を考えタミフルが処方されます。


 そんな、タミフルなんですが・・・・
他の薬に比べ、やはり副作用が強い気がします。

 実際にタミフルを処方され内服していた何人かの同僚達の話によると、食欲不振、軽い吐き気、口渇(喉の渇き)、頭がぼーんやりする・・・などの副作用があったようです。
その他の風邪薬や抗生剤にも、これと同じような副作用を持った薬はたくさんありますが、自分の経験上、タミフルは副作用が強いような気がします。


 確かに、タミフルは増殖期にあるインフルエンザウイルスを封じ込め短期間の内に治してくれる良い薬ですが・・・
自分的には、現在のように安易にタミフルなど抗インフルエンザ薬を安易に飲ませるのは問題があるのでは?
タミフルを処方するに当たりもっと慎重ではっきりとしたガイドラインを整備する必要があるのでは?とも思います。
タミフルが一番消費されている国は日本だそうで、タミフルをばらまいている状態に近いそうです。
(このような背景には、欧米とは違う日本独自の医療保険制度や診療報酬の体系があるようですが・・・)
こんな状態になると、問題になるのが抗ウイルス薬の乱用による薬剤耐性インフルエンザウイルスが生まれることです。
このようになると、薬剤耐性ウイルスが常在化してしまい、最も恐れられている新型インフルエンザが蔓延したときに有効だとされるタミフルが全く効かないという最悪の事態になりかねないからです。


 これはあくまで自分の考えなのですが・・・
インフルエンザに罹っても、どうしても短期間で治さなければならない時や、症状が重いなど・・・を除きタミフルを飲まず、風邪と同じように対症療法を主として自分の免疫で治すことが一番だと思います。
だって・・・タミフルが開発される以前、インフルエンザの多くは風邪と同じ治療法で治してきましたしねぇ・・・
なにより、薬剤耐性インフルエンザウイルスの発現を抑えることにもつながるのでは?と思います。

 しかし・・・ そうとはいえ・・・
重複するようですが、これはあくまで自分個人の考えなので、インフルエンザに罹ったと思ったら医療機関に受診し、医師と相談しながら適切な治療をしてもらってくださいね。



 それから・・・

 インフルエンザの予防ワクチンを接種した人の中には、「私は、注射したから罹らない!」と宣言する人を見かけることがありますが・・・・

 残念ながら、予防接種したからと言って罹らないわけではありません・・・・・

 感染の条件が整えば簡単にインフルエンザに罹ってしまいます。
  
 ただ、予防注射をしておけば、身体の中の免疫細胞にインフルエンザウイルスに勝ちやすくするための最も有効な戦術を教えて(練習)あるので自らの免疫が抗ウイルス薬となり症状を軽くすることができるのです。
 逆に言えば、身体が疲れていたりして自らの免疫力が弱まれば簡単に発症してしまいます。
だから、体調を整えておくことはウイルスから身を守るため大変重要となります。


 最後に・・・・

 月並みですが、インフルエンザに罹らないことが一番です!

 外出後のうがい、手洗い、マスクの着用(鼻と口をしっかりと覆いマスクの縁はしっかりと密着させないと意味がありません) 、部屋の湿度を高める、バランスの良い栄養、規則正しい生活を心がけ、感染予防に努めましょう。

 

 

この記事へのコメント

blue tango
2009年01月27日 21:28
こんばんわ♪
やっとコメント出来ます。

インフルエンザってむかし流感って言ってたものなんですよね?
わたしの家族の中では20年前に長女がインフルエンザと診断されたほか誰も罹ったことありません。
(その長女の子どもが去年かかりました。)

この冬はじめてワクチン注射をしたのですが・・・・・
わたしが寝込んだらお手上げなものですから。

タミフルの副作用、実際この眼で見てみたい好奇心があります。
不謹慎ですよね?
老いた母と外出の多いおっとがかからないことを願っています。(ふたりとも接種済みで)
2009年01月27日 21:33
コメントを送信した瞬間「

なにも思わないで右側をクリックして、すんなりいったことに気がついたのです。

今日、会員登録したばかりなんですよ。
2009年01月27日 21:59
blue tangoさん
まずはお詫びからですが、コメント欄の設定を見直したところ、ウエブリブログ会員以外のコメントが入らないように設定が変わっていたので従来通り、会員以外のコメントも入るように設定し直しました。
この度は、コメント制限がかかってしまいblue tangoさんにはウエブリブログへの会員登録まで強いらせてしまったことをお詫びいたします。

タミフルの副作用には若年者の異常行動が報道などで大きく取り上げられてましたが、高齢者の場合も同じく認知症を思わせる精神症状があります。
また、ごく希な症例だと思いますが、タミフルを飲んでいるときだけ認知症が軽快したケースだってありますよ。
このことから考えてもタミフルという薬はそれなりに強い作用を持った薬であると思います。
珊底羅
2009年01月27日 23:31
 今晩は。
 強い作用を持った薬なら、一回の使用量は慎重に決めるべきです。でも、薬つけ検査つけをしないと懐が厳しいのも考えものです。利益の出る新しい仕組みをつくるべきでしょう。
2009年01月28日 08:27
おはようございます。

名古屋でも最近インフルエンザで学級閉鎖という事態に陥っていますが、常日頃から手洗いうがい湿度の確保は十分に気をつけたいですね。

タミフルといえばスイスのR社と日本のZ社の共同開発品だから、スイスや欧州をメインにしていると思ったら日本で消費していると言うのにはビックリしました!!

以前は、異常行動で問題となったり最近になれば薬を投与しても効果のない薬剤耐性のウイルスが出たりと安易な処方ではなく、慎重さを求めるのも必要でしょう。
2009年01月28日 10:15
インフルエンザが流行しているようですね。
学級閉鎖の声も聞きます。

『タミフル』変なことで有名になったお薬ですが、我が家の近くの内科では、「長引くよりも良い」と言って処方しているのですが、飲んだ人ほとんど、異常はなかったようです。
異常行動が出る人はまれなのでしょうね。
でも、お薬の副作用は、怖いですね。
出来るだけお薬を飲まずに暮らせるように、常日頃から気を付けたいものです。
2009年01月28日 21:12
珊底羅さん
抗生剤や抗ウイルス薬など昔ほど乱用が少なくなったとは言え・・・欧米に比べると日本はまだまだ乱用しています。
耐性菌やウイルスが発生するのを減らすためにも本当に必要な時にだけ抗生物質や抗ウイルス薬を処方するようにしなければと思いますね。
また、薬出してなんぼの診療報酬も改定しなければならないと思います。
2009年01月28日 21:17
くらさん
本文にも書いていますけど、タミフルの消費国Noは日本なんです。
日本は国民皆保険なので保険が認可されれば高価な薬も比較的安く手に入れる事が出来ますし、なんと言っても日本人は”薬大好き民族”ですから薬を出さないと患者さんが不安がるというのも事実です。
タミフルの異常行動・・・最近では報道が全くされなくなってしまいましたね。
もし、あのとき報道が行われていなければ今でも10代への投与が常道的に行われていたのではと思います。
2009年01月28日 21:24
ビオラさん
今日の朝TVを見ていると全国的に警報が発令されたそうですね。
タミフルはインフルエンザウイルスの増殖を抑えてくれる良い薬です。
TVや新聞などの連日の報道のためタミフルが悪者にされた事もありましたが、タミフルを飲んだからと言って異常行動が必ず出るわけでもないし、絶対に効くというものでもないのです。
ビオラさんの仰る通り薬を飲まないで済むように感染しないことが大切ですね。
2009年01月29日 11:46
薬と副作用どにもならんよね。
飲まないとだめだし、飲んだら副作用。さて、どっちがいいのだろうか?
2009年01月29日 22:14
としおちゃんサン
そうですね、タミフルってある程度強い薬のようですし、一般成人でも服用すると食欲不振や胃のむかつきなど訴える人が多いようです。
2009年02月01日 12:17
職場ではインフルエンザの予防接種が必須です。
しかし、記事にもあったように罹患する職員がいます。症状が軽く、平熱なのに陽性が出たひとも何人かいますよ。
 わたしも職場で毎年予防接種を受けていますが、
受けなかったときに比べて風邪を引きにくくなったようにも感じます。
 新型インフルエンザに備えて院長が患者と職員・職員の家族は絶対に守るといって薬局にタミフル大量に備蓄しています。
2009年02月01日 21:31
まさに今現在タミフル飲んでます。こんな難しい理屈一切抜きで、早く楽になりたいの一心で飲んでます。口渇と頭重感はありますが、予防接種をうっていたこともあり、劇的回復を遂げています。とにかく、タミフルのおかげで今回は命拾いしました―!!
2009年02月02日 12:28
自分の施設でも職員には半強制的にインフルエンザの予防接種を受けさせられます。
GAKUさんの仰られるように陽性であっても平熱だったり風邪と同じくらい軽い症状だったりしてきつい思いをしなくて済むようですね。
自分が勤める施設の併設病院ではタミフル耐性のウイルスが流行りだしたことからリレンザの備蓄も始まりました。
2009年02月02日 12:33
おたんこナースさん、ようこそ!
やはりタミフルを飲むと口渇があるようですね。
自分の周りにもインフルエンザに罹りタミフルを処方された友人がいますが、タミフルを内服し始めると口渇を訴え、驚くほど飲水するひとがいました。
しかし、内服しない人と比べてその回復も早く2・3日で職場復帰しました。

この記事へのトラックバック