マリンワールド海の中道に行ってきた・・・・vo2

・・・・前回からの続きです。


 水族館の目玉といえば、イルカやアシカのショー。
 こちらマリンワールドでもイルカ・アシカショーが1日に4回行われています。

 特に、イルカのアクロバティックなジャンプは見物ですね。
今回は、その迫力あるジャンプシーンを狙って撮ってみました。

 しかも、連射せずに一発勝負の一枚撮りです。
画像
 さすがデジ一、抜群のレスポンスで思い通りのタイミングでシャッターを切ることが出来ました。


 輪っか潜り・・・
画像
 どうしてあの重い巨体が軽々とジャンプするのか不思議になります。
画像
 高所に下がっているボールにも軽々とジャンプ・・・
画像
 さすが高倍率の一張羅ズームレンズ、少々重いですがこういうシーンに重宝します。


 2匹でジャンプ・・・
画像
 しつこいようですが、何故あの巨体がこんな軽々とジャンプするのか不思議です。

画像
 最後にお客さんに向かってご挨拶です。


 さて、イルカショーの次は何処に行こうか???って彷徨っていると・・・
かいじゅう水槽というのを目にしたのでそちらへ行って見ることに・・・。

 かいじゅう・・・ 怪獣じゃなかった、海獣でした!

 そう、海獣とはアザラシやアシカ、ラッコそしてイルカや鯨など海で暮らす哺乳類のことでしたね。

 早速、屋外にある海獣水槽にいってみると・・・いました!アシカにアザラシ。

 こちらアザラシさん・・・
画像
 確かゴマフアザラシだったと思いますが、愛嬌よく水面から顔を出してくれました。

 そのアザラシさんを下からみると・・・
画像
 こうなってます・・・。


 水槽の端っこで、さも温泉に浸かって気持ちよさそうにしているアザラシ君・・・
画像
 うっとりとした目をしていました・・・。(画像で見えなくて申し訳ありません)


 水中を豪快に泳ぐアザラシさん・・・
画像
 とても気持ちよさそうです。



 そして、海獣で忘れていけないのはラッコ!
画像
 お腹に石を乗っけて貝の殻を割って食べる姿が可愛い動物ですね。


 こちらは親子で飼育されているラッコさん、お母さんの方は愛嬌よくガラスの傍で泳いでくれましたが・・・
画像
 お子さんの方は、恥ずかしがり屋なのか、まだ人前に慣れていないのか・・・・水槽の端っこばかりにいてカメラに納めることが出来ませんでした。
画像
 う~ん・・・ キュートですね♪



 そして、最後になりましたが珍しい魚です。

 残念ながらこれらの魚は生きていませんが・・・

 巨大な口が特徴のメガマウス・・・
画像
 ’94年、このマリンワールド近い浜に漂着しているのを発見された個体です。
当時、大きく報道されTVのニュースで何回も流されていましたっけ・・・
画像
雌のメガマウスが打ち上げられたのは珍しく世界でも注目されましたが、残念がら体内に子供はいませんでした。



 深海魚のリュウノツカイ・・・
画像
 全長272㎝、どことなく太刀魚をバカでっかくして大げさなヒレをつけたような格好してますが、地震の前兆を察知して海面に浮いてくることもあるそうですね。




 マリンワールド海の中道って10年ぶりぐらいに来ましたけど、その時は人が多い日曜日でゆっくりと展示を見ることが出来ませんでしたが、今回は平日ということでゆっくり、じっくり見ることが出来とても満足な一日でした。
画像
 また、癒やしを求めて平日の休みに来たいと思いました。

この記事へのコメント

2012年10月12日 07:28
イルカがよく飛んでいますね。
こういう場所は、平日のほうが空いてていいですよね。
気まま
2012年10月12日 07:48
としおちゃんサン
イルカさんたち、ご機嫌にハイジャンプしてました。
そうなんですよね、こういうところは平日に限ります。
2012年10月13日 21:07
イルカのジャンプはナイスショット連発ですね、今回のカメラはキャノンですか?。実はマリンワールドには行ったことがなくて、メガマウスを見に行きたいなぁ。
2012年10月13日 21:39
むっちゃんサン
お褒めの言葉有り難うございます。
今回のカメラはお察しの通りキヤノン60Dで撮りました。
輪っかなどで置きピンしてからシャッターチャンスをうかがっているとは言え、ここぞ!と思った瞬間にシャッターきれるのは一眼レフならではですね。
ミラーレスではどうしてもタイムラグがあってこうはいかんみたいですね。

メガマウス、保存液に浸かっていていかにも標本・標本してますが迫力満点ですよ~
こんなもんが海岸に打ち上がっているのを発見すると、さぞかしビックリするでしょうね。
2012年10月24日 16:46
リュウノツカイは、図鑑などでは見たことがありますが、標本になっているとは貴重ですね。
深海魚はなかなか目にすることができないものですねぇ
2012年10月24日 19:17
GAKUさん
深海魚は捕れる機会が少ないだけに標本でも実際に眼に出来るのは珍しいみたいですね。

この記事へのトラックバック