福北ゆたか線・・・豪華な普通列車が走ってます

 福北ゆたか線を走る817系です。 
普段は2両編成で走っていますが最大8両まで連結することができるようです。
 福北ゆたか線は鹿児島本線(博多~吉塚)、篠栗線(吉塚~桂川)、筑豊本線(桂川~折尾)の3つの路線の愛称です。
画像

ブラックフェースが印象的ですね・・・・。
同じ九州の線路を走る813系、303系もブラックフェースですが、こちらの列車の方が強烈に感じます。


画像

 普通列車にもかかわらず、非常に豪華です。
 811系や813系などと同じクロス転換シートですが・・・
何と椅子素材は木製で、クッション部分は885系と同じ革製です!!。


 しかも、整理券発行器、後方には、折りたたみ式の簡易シートも装備され、こちらもクッション部分は革製となっています。




 この電車のコンセプトは、『通勤時間を楽しく過ごせる列車』だそうです。
たしか・・・私の記憶が・・・確かならば・・・。

 日中の閑散期は専らこの817系が担当していますが朝夕のラッシュ時は、同じようなデザインをした813系が担当したりもします。

 一方、運転室やトイレははコスト削減のためユニット化され、ワンマン運転対応のため運賃表や運賃箱が設置してあります。
 また、画像では分かりづらいですが、ドア付近の円形の吊り輪が特異的です。
 初めてこの車両に乗ったとき「すんげー造りの電車」というのが感想でした。

 817系はデビュー当時、福北ゆたか線を走っていましたが、現在では長崎本線や鹿児島本線など九州の各所で活躍していて、九州の近郊列車の標準的な存在となっています。
 九州らしく走る路線のアイデンティティを引き立たせるため、路線によってデザインが微妙に違ったりします。

 因みに、JR九州の列車は特急・普通にかかわらず観光列車を兼ねることが多く、多くのお客さんに「一度は列車に乗りたい」という思いをさせるため、個性的で豪華な列車を走らせているそうです。

"福北ゆたか線・・・豪華な普通列車が走ってます" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント