方言・・・「くちなわ」・・・何でしょう?

 先日、花が大好きな叔母を連れてある有名な湿原に行ってきました。

 そこには、湿原を案内してくれるボランティアのオッちゃんが、色々と案内してくれました。
一通り案内が終わり、「それではゆっくりしていってください」。
「あっ!」、「クチナワおるかもしれんけん注意してください」

 叔母は、「ありがとうございました」と深々とお辞儀している中、自分は「クチナワ」という言葉が頭の中でグルグルと回っていた・・・・「くち?、なわ?」・・・・・「くちなわ」? (?_?)
 
 あたりを見渡すと、確かに古い縄が落ちていていたんで、思わず「あっ!これやねぇ・・・・」
「くちなわ」とは、「”朽ちた縄”のことだったんだ・・・」。「オッちゃんは、この古い縄に躓かないようにっていたんだなぁ」と自分で勝手に解釈して、みょーに納得してしまいました。 (^-^)

 と、ところが・・・・

 その解釈・・・・・

 間違っていました・・・・。

 叔母が血相変えて、「早よ、あっち行くよ・・・!!!」
「クチナワんおった!!」・・・・と言うと、あっという間に駐車場へ行ってしまいました。

 そのとき自分は、ただただ、ボー然  (@_@)  
「クチナワんおった・・・・って」という叔母の言葉だけが頭の中グルグル・・・・。
 立ちつくしている自分の姿見て、叔母が「気まま、もう帰るよ」と叫んだので駐車場に戻ることにしました。(「一体、クチナワって何よ???」)

 駐車場に戻ると叔母がガイドのオッちゃんと話していました。
  叔  母 :「あそこば、行きよったらクチナワ居るとですよ・・・・・」
 オッちゃん :「今ん時期は、・・・・クチナワよう出てきますと・・・・」
         「ここは、クチナワん中でんマムシも出てくるけんよう注意しとかんと・・・・」

 この会話を聞いてやっと「クチナワ」が何者か理解することが出来ました。
「クチナワ」とは「朽ちた縄」ではなくて「ヘビ」だということが・・・。

 後に、叔母に、何で「ヘビ」を「クチナワ」というのか訪ねると・・・・・
 ヘビは、縄に口つけたようにしているから、「クチナワ」というそうです。

 ちなみに、こちらではマムシを特に「ヒラクチ」というそうですけど・・・・。
 本当に、方言って面白いですねぇ (^-^)

"方言・・・「くちなわ」・・・何でしょう?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント