浪漫鉄道・・・・

 
 「白いカモメ」です。  いつ見ても格好いいですね。(^_^)v
画像


 以前からこの「白いカモメ」に乗り、終点の博多到着直前からJR九州社歌「浪漫鉄道」のインストバージョンがBGMとして鳴り出すのを何度か紹介しました。


 「浪漫鉄道」はとても社歌とは思えない爽やかな曲で、歌っているのは何と『ハイファイセット』が歌っています。



 国鉄が分割民営化して暫くした頃、まだ「つばめ」、「ソニック」や「白いカモメ」など個性あふれる特急列車が登場する前、「ハイパーかもめ」など当時の看板列車の車内で出発前、終点直前の案内放送でハイファイセットが歌う「浪漫鉄道」がBGMとして使われていました。
画像

 以前、「ハイパーかもめ」として使われていた車両。(塗装は、当時と違います)


 今回、なんとこの「浪漫鉄道」の歌詞入りが"You Tube"にアップしてあったので紹介します。



 現在、JR九州で活躍する新幹線や特急をはじめ個性あふれる車両が沢山出てくるので見るだけでも楽しめると思います。


 序でに、歌詞も紹介しときますね。

浪漫鉄道
~JR九州社歌~

作詞 富永正廣
補作詞 伊藤アキラ
作曲 鈴木キサブロー
歌 ハイ・ファイ・セット


-1-

走り出せ 人よ時間よ
伝説の国へ 羽ばたけ
寄せてくる 波の彼方に
新しい 星が見えるよ

夢の列車が ひた走る
街の目覚めに ふれ合うように

夢の列車が ひた走る
人それぞれの 願いを乗せて

海に始まる 山に始まる
終わりなき旅へ
浪漫鉄道


-2-
めぐり合う 人よ未来よ
希望への言葉 交わそう
卑弥呼から 明日の命へ
一筋の 道が続くよ

夢の列車が ひた走る
愛と神秘の 平野をかけて

夢の列車が ひた走る
駅それぞれの 幸せ乗せて

海に始まる 山に始まる
終わりなき旅へ
JR九州

夢の列車が ひた走る
愛と神秘の 平野をかけて

夢の列車が ひた走る
駅それぞれの 幸せ乗せて

海に始まる 山に始まる
終わりなき旅へ
JR九州


 因みに、この「浪漫鉄道」は好評にもかかわらず、社歌だという理由からCD化して一般に販売されていません。
 
 CD化して売り出せばそれなりに売れると思うのですが・・・・


 ん~ん、でも・・・

 この歌詞・・・・ 夢があっていいですねぇ・・・  列車は夢の乗り物・・・・

 バルーンさが駅で子供達が「白いカモメ」に手を振りながら、憧れの眼差しで見ていたのを思い出します。

 
 あ~っ、「白いカモメ」に乗って長崎行きてぇ!! 

"浪漫鉄道・・・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント