もうすぐ冬本番、アレがやってきます・・・・

 今年も残り1ヶ月半ほど、暦の上では立冬を過ぎたのでもう冬となります。
地方によっては雪が降っているところもあるようです。

 
 冬と言えば、毎年アレが世間を騒がせますよね・・・・・

 39℃以上の高熱、全身倦怠感(全身のだるさ)、全身の関節痛(節々の痛み)などの症状をともなうインフルエンザです。

 そして、去年インフルエンザ以上に世間を騒がせたノロウイルス(嘔吐下痢症)もそろそろ活発化しているようですし・・・・・


 高齢者施設に看護師として勤める自分にとっては、とても緊張感のある季節がやってきました。
この季節になると、高熱、嘔気(吐き気)、嘔吐、下痢、腹痛などの言葉に神経質になってしまいます。


 インフルエンザに対しては、流行株のワクチンを接種することで症状を軽減させることが出来ますが、ノロウイルスに対してはワクチンなどありませんしウイルス自体の感染力が強く症状が消化器にくるので高齢者にとっては命取りとなってしまいます。

 幸い昨年、自分の施設では、症状がある方の面会制限の呼びかけ、手洗い、うがいなど基本的な予防を徹底したこともありインフルエンザやノロウイルスの感染はありませんでした。

 今年も昨年のように、何事もなく冬を乗り越えられる事を祈るばかります。

 

 みなさんも、人混みから帰ってきたら、手洗い、うがいなどを励行し感染の予防に努めてくださいね。また、免疫力を低下させないためにも休養(特に睡眠)は重要です。バランスの良い食事をして休養を十分取るように心がけましょう。


 因みに、近年日本人の免疫力が極端に低下しているそうです。
その原因の一つとして、「過剰すぎる清潔志向」があるようです。
ばい菌はなんでもかんでも不潔なものと考え、ばい菌を徹底的に排除してしまう・・・・
これが、意外にも逆効果でした。

 人の体は、生活環境に効率的に適応するように出来ていて、必要な機能に対して益々発達してきますが、不要な機能に対しては衰退してきます。

 例えば筋肉ですが、トレーニングなどで鍛えれば鍛えるほど筋肉が発達しますが、だらしない生活をしていると筋力が衰えてしまいますよね。
 
 これと同じことが人の免疫システムの中でも起こってしまうのです。

 免疫システムを鍛えるために、不潔な土を全身に塗りつけたり、不潔な食物をあえて口にするような荒療治など必要ありませんが、普段から必要以上にばい菌に対して神経質になることは何もないのです。基本的には、うがいと手洗いだけで十分なのです。


 最近では、健康ブームもあって免疫の向上にも関心が高まっているようですが、免疫力を高めると言われるサプリメントが注目を集めているようですが、自分はやはりこうした基本的なことをもう一度見直す必要があるのでは・・・と思います。



 あら? 何が何だか・・・・ 話題があっちこっちに飛んでしまいましたが・・・

 これから、空気がより乾燥し一日の温度差も益々大きくなっていくかと思われます。
ご覧の皆様も、体調には十分注意してくださいね。

"もうすぐ冬本番、アレがやってきます・・・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント