急変!・・・一過性脳虚血発作

 前回(っていっても1年ほど前になりますが)”急変・・・迷走神経反射・・・”って記事でも書きましたけど、高齢者は一見元気そうに思えてもフッとした瞬間急変する事が良くあります。

 今回も、普段はとても元気で施設内をシルバーカーで活発に歩き回り、周りの人とお話をするのが好きなYさん90歳女性(介護度2、軽度の認知症有り、糖尿病、脳梗塞)が廊下のソファーに座り楽しく同室者の方とお話をしている最中、急に全身が脱力状態となり倒れ込みました。 

 Yさんとお話をされていた方の悲鳴に似た叫び声を聞きつけ近くのスタッフが駆け寄りました。
 
 スタッフが倒れ込んでいるYに呼びかけましたが、グッタリとして返事がありません。すぐに他のスタッフ2人が駆けつけ看護師へ連絡しました。


 連絡を受けYさんのもとに駆けつけると、Yさんは全身脱力状態、顔面蒼白、冷や汗をかき呼びかけに対してかろうじて頷くなどの反応がありますが言葉を返しません、さらに左上肢(腕)は何となくだらりとしていました。

 直ちに、呼吸の状態を確認しYさんを横に向かせ気道確保したあと併設病院へ連絡し搬送するためのストレッチャーが準備されるまでの間、バイタルサイン(血圧、酸素飽和度)を測定しながら、意識状態を確かめるためYさんに呼びかけます。また、糖尿病もあるため簡易血糖測定器で血糖も測りましたが血糖値は正常。

 血圧170/98【mmHg】、脈拍78【回/分】、酸素飽和度85~90【%】、血糖180【mg/ld】、意識状態やや改善し呼びかけに対し閉眼したまま「う゛~っ゛…」と返事あり。
すぐさまストレッチャーにYさんを移し、呼吸状態や意識状態を注意深く観察しながら併設病院へと緊急搬送・・・
 


 併設病院の救急処置室へ到着。

 待ち構えていた医師と外来看護師にYさんの発症の状況や直後のバイタルサインを簡単に報告、医師の指示のもと外来看護師と協力しモニター装着すると同時に採血しルート確保(点滴)します。

 この間にYさんの意識が徐々に回復し声かけにも開眼し返事が出来るまでになっていましたが言葉が出にくく呂律がまわりにくい様子でした。
 モニターが装着されるとその画面には、心電図、血圧、酸素飽和度、呼吸数が表示されます。
モニター上の心電図波形は正常、血圧156/88【mmHg】、脈拍70~75【回/分】、酸素飽和度98【%】…医師はモニターを確認しYさんの全身状態を診察、意識障害、呂律不良、軽度の左上肢麻痺がある事から再梗塞を疑い頭部CTを撮る事になりました。

 CTの結果、以前からの古い梗塞は認めましたが新しい梗塞はなし、頚部エコーの結果動脈に脂肪の沈着あり、検査が終わった時点で意識障害、呂律不良それに左上肢の麻痺の症状がほとんど無くなったことから、『一過性脳虚血発作(TIA)』であると診断されました。


 その後Yさんは、併設病院の処置室でモニター監視下で1時間経過観察を行った後、バイタルサインも安定、症状も改善したため入院の必要もなく、予防のための内服薬が追加処方されただけで施設にご帰還となりました。

 施設に戻ってからも1両日は安静で経過観察となりましたが、その後、発作を思わせるような症状は出現せず、3日後には以前のように施設内を活発に歩き回る事ができるまでに回復されました。



 一過性脳虚血発作(TIA)とは・・・ (詳しく説明すると、長くなるのでここでは超簡単に説明しますね) 
 脳の細小動脈が一過性に詰まったり、細くなって血液の流れが減少して起きる脳卒中の一種で、半身の麻痺やしびれ、軽い言語障害などを起こしますが、たいてい数分から数時間で感覚が戻り症状は消失します。症状が数分から数時間で治まるのは、その間に血栓が溶けて流れたり、減少した血流が回復し元のように流れ出すからです。
 
 また、一過性脳虚血発作の場合すぐに症状が極軽微で気づかなかったり一過性であることから軽く見がちですが、多くの場合脳梗塞を起こす危険性が高くなるので専門医(脳外科)に受診し適切な処置や生活指導を受ける事が大切です。

 治療としては、再梗塞を防ぐ事が目的となりますので薬物療法(抗凝固剤、血小板凝集阻止剤)が主になりますが、時には(原因により)手術なども行われます。

"急変!・・・一過性脳虚血発作" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント