アーミーナイフ・・・

 仕事が休みだった某日、「たまには部屋の整理でも・・・」と10年以上前からクローゼットに入れっぱなしにしてある段ボールの中身を整理してみることにしました。

 その中には、懐かしいガラクタが色々と入っていて、まるで忘れていたタイムカプセルを偶然開いたような感じでした・・・。

 中でも、とくに懐かしいというか・・・ 
深い思い入れがあるものと言えばこれ 
画像
 赤いハンドルに十字の紋章があるクトリノックスのアーミーナイフ、モデル名は「ティンカー」。
中学1年の誕生日に親父がプレゼントしてくれたスイス製のポケットナイフです。

 
 これからの人生を自分の力で切り開いて欲しいと願いを込めてプレゼントしてくれたような覚えがありますが・・・
画像
 どうだったかなぁ?確かなことは覚えてません・・・

 でも、一つ確かだったことは、当時TVで放送されていた洋画の『冒険野郎マクガイバー』という番組で主人公のマクガイバーが愛用していたナイフと同じモデル。
これを持つとマクガイバーにでもなったような気分でとても嬉しかったことです。
 因みに冒険野郎マクガイバーに詳しいことは長くなるのでこちらにリンクを張ることで割愛します。
     冒険野郎マクガイバー Wikipediaより
     http://dvd.paramount.jp/macgyver/ DVD紹介サイト



 そして、このナイフの優れている点が、メインのナイフの他に色んな機能を備えたツールがコンパクトに収まっていること・・・
画像
 このモデルには大・小の刃の他に栓抜きを兼ねた大型マイナスドライバー、缶切りを兼ねた小型マイナスドライバー、背に収納されているプラスドライバーに穴あけ用のリーマー、本体の持ち手に収納されている爪楊枝に毛抜きなど・・・10種類ほどの機能がコンパクトに詰まった多機能なツールナイフです。


 友達と山に遊びに行く時は必需品で、里山に造った自分たちだけの秘密基地では、ジュースの栓を抜いたり備蓄している缶詰を開けたりと大活躍していました。
画像
 イメージ写真を撮るため貯金箱をモデルにしてみましたが・・・
 この缶切りはちょっと特殊で日本人には馴染みのない押しながら切るタイプの缶切り、慣れるまではちょっと違和感ありましたがその切れ味はとても鋭く固い缶でもさくさくと切ってくれました。

 そう言えば、秘密基地ではお馴染みの友人達とサバイバルと称して色んな遊びをやったことがあり、その場面でもこのナイフが色々と役に立ち里山に出かける時は必需品でした。
 
 その他にも多機能なアーミーナイフ、インドアでも活躍の場は広くちょっとした器具の修理や調整などでドライバーが必要な時、缶切りや栓抜きが見つからない時はすぐに活躍してくれました。
 
画像

 
 親父がプレゼントしてくれたアーミーナイフ、成人してしばらくも色々と便利だったので外出時に持って行くバックの中に忍ばせていました。
しかし、年々犯罪が凶暴化し関係法律の規制が厳しくなり(このナイフに関しては刃渡り6㎝以下だったので法に抵触しませんが)この日本で持ち歩くのはちょっと憚られる感じがしてきたので、いつの間にか不要物として段ボールの中に封印してしまってました。


 そんな想い出や思い入れが沢山詰まった赤いハンドルの多機能なアーミーナイフ・・・
10年ぶりの対面となりましたが、さすが有名ブランド『ビクトリノックス』、メンテナンスを一切していないのに錆もアタ付きもなくすぐに使える状態でした。
これまで色々と雑用に使っていたカッターが古くなり近々替わりのカッターを買おうかと思っていたところでしたが、これからはこのナイフが再び活躍してくれそうです。



 最後に、このナイフを知るきっかけとなった『冒険野郎マクガイバー』のオープニングがYoutubeにアップされていたので貼り付けておきます。
今回紹介したナイフのモデルとは違いますが、赤いハンドルのアーミーナイフがほんの数カット出てきます。
よかったら見てくださいね。



"アーミーナイフ・・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント