南阿蘇鉄道で「白川水源」へ・・・・

 前記事からの続きです・・・。

 ここまで5時間ほど普通列車の旅をしてきましたが、目的地まであと少し・・・
立野駅でJRから南阿蘇鉄道へ乗り換えます・・・。
画像
 ここから南阿蘇鉄道の旅を誘ってくれるのがクラシックなデザインが特徴のMT3010形。

 南阿蘇鉄道と言えば、名物のトロッコ列車や立野橋梁、第一白川橋梁が名物です。
今回、出来ればトロッコ列車に乗りたかったのですが、トロッコ列車の運行は休日に限られているので平日のこの日は乗ることが出来ず・・・紹介できないのが残念です。

 代わりに、南阿蘇鉄道の名物の一つ立野~長陽間にかかっている二つの鉄橋の車窓を動画で撮ってみました。
ほんの数十秒の車窓ですが、下を見ると足がすくんでしまうほどの高さを実感していただけるかと思いますのでちょいと再生ボタンを押してみてください。
(YouTubeのブレ補正の影響で字幕がブレています。 少々見苦しい点がありますがご了承ください。)


 この二つの橋梁ですが、立野橋梁は旧餘部鉄橋と同じ造りのトレッスル脚と呼ばれる独特の橋脚で構成されとても珍しい橋梁だそうです。
一方の第一白川橋梁は鋼鉄製のアーチ橋で水面からレール面までの高さ約62mと日本一高い鉄橋だそうです。


 そんな、鉄橋を渡ると列車の車窓には広大な南阿蘇の風景がゆったりと流れます・・・
画像
 この日は残念ながら景色が霞んでいてわかりにくいですが、奥の方には阿蘇の外輪山を見ることが出来ます。

 南阿蘇鉄道MT3010形の車内です・・・
画像
 クラシックな落ち着いたデザインとなっています。
 お昼近い時間帯でもあり、乗客はシニア層の観光客数組と病院通いの地元のお年寄りが数人だけ・・・

 ボックス席をそれぞれが独占することができ、雄大な阿蘇の車窓を存分に堪能することが出来ました。
画像



 そして、列車は今春新しくできた「南阿蘇白川水源駅」に到着。
画像
 ここで下車することにします。

 でも・・・ あれ!!!??
 この駅の駅舎って・・・ まだ出来てなかったんですね・・・・(^_^;)

 HPではとても綺麗な駅舎だったんで、ちょいと駅探訪でもしようかと思ったんですけど・・・
画像
  鉄骨だけ建設中の駅舎を探訪しても仕方ないので、目的地の白川水源へとっとと向かうことにします・・・。



    つづく・・・

"南阿蘇鉄道で「白川水源」へ・・・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント