白川水源です・・・

 前回からの続きです・・・

 この春、南阿蘇鉄道に新設された『南阿蘇白川水源駅』から歩くこと大凡5分・・・
画像
白川水源到着です。

 白川水源は熊本市中央を通り有明海へと流れ込む白川の源流の一つで、水神「吉見神社」の境内より湧き出している水源で、流出量は毎分60tで水温は年間を通じて大凡14℃だそうです。
 水源へ入るには100円の保全協力金が必要ですが、水くみ場もあり自由に水を汲むことが出来ます。

 詳しいことはこちらへ・・・>http://www.yado.co.jp/kankou/kumamoto/aso/sirasuigen/ssuigen.htm
と、いつものように丸投げして済ませます・・・ (^^ゞ


 水源へと向かう歩道の途中にはお土産物屋さんが数件軒を連ねていますが・・・
画像
地元の人たちが手作りした漬け物や農産物の無人販売所もあります。

 お代は木箱の中へ・・・
画像
 お客さんを信じての商売です。

 ダイコンの田舎漬けです・・・
画像
 天然素材だけを使った素朴な漬け物、ちょっと塩辛かったりしますが、これがあっさりとして美味しいんですよねぇ~

 そして、阿蘇と言えば「高菜漬け」ですが・・・
画像
ここにもしっかりありました!
これを油で炒めてちょいと明太子をまぶすと・・・白飯にも豚骨ラーメンにもあって美味しかとですよねぇ~



 では、100円の保全協力金を払って水源敷地内に入ります・・・。

水くみ場です・・・
画像
 無料で好きなだけ水を汲むことが出来ます。
因みに、お土産屋さんでは20リットルのポリタンクも販売しています。

 水くみ用の柄杓や漏斗が常備されています。
画像
 自分も水痘代わりに持って来た500mlのペットボトルに水を汲み飲んでみましたが・・・
水道水やペットボトル入りのミネラルウォーターとは全く違って、とてもなめらかでほんのりとした甘みがあり「これぞ日本の水!!」って感じがしました。


 そして、これが水源です・・・・
画像
 あり得ないほど水が透き通っていて池の底まで丸見えです・・・


 水が地中からわきだしている所、正しく水源です・・・。
画像
 こんこんと限りなく吹き出す地下水、阿蘇の広大な緑地に降った雨水が50年ほどかけてゆっくりと大地へとしみこみ天然のフィルターで濾され、適度なミネラル分を含み綺麗な水となってここに湧き出しています。
画像
 ゆらゆらと揺らめく水中植物、水の中をよ~く見てみると小魚が優雅に泳いでいて・・・
この水源は水道設備のような人間だけのものではない「天然の良質な水源なんだ・・・」と実感させられます。



 
 水源の敷地内には、阿蘇神社の末社として古来より水源を守る神を祀る「吉見神社」があります。
画像


 神社のの周りには沢山のシャクナゲが咲いていました・・・
画像



 水源の近くに流れている川(水源とは別系統?)・・・
画像
 やはり、透明度があってとても綺麗、こちらの水もすぐに飲めそうな気がしますが・・・
こちらの水はそのまま飲むことが出来ません。

 その川には飛び石も置かれていてちょっとした川遊びも楽しめそう?・・・です。
画像
 そう言えば・・・ 小学生の夏休み、天然の涼を求めてこんな感じの森で遊んでいましたっけ・・・
画像
 夢中になってカメラを向けていると・・・
ふっと、子供の頃こんな森で遊んだ記憶がフラッシュバックしてきます。
画像
 
 現在、地球の人口爆発や温暖化が進行していて世界的には水不足が懸念されています。
そんな中で、豊かな水と豊かな緑に囲まれている日本に住むことが出来る自分たちは幸せ者だと思いますし、この豊かな資源を保護していくのも日本人の役割だと思います。



    つづく・・・・

"白川水源です・・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント